Webライター

【Webライターの始め方】まずはクラウドソーシングに登録すればOK!

2019年12月10日

Webライター初心者はまずクラウドソーシングに登録しよう!

 

先日クラウドソーシングに登録しました。正直いうと、初めは何をしていいかわからなくて困っていました。

 

今日はクラウドソーシング3社に登録完了。プロフィールも簡単に設定しました💻登録は簡単ですが、設定は少し大変でした。

現在は実績がないので、コツコツと積み上げていきます。

ちなみに、プロフィールはナオさん@nao8110_writerの記事を参考にしました。

 

とりあえず登録してからがスタートです。Webライターに興味があるなら、気になるものは全部登録しておきましょう。

 

本記事の内容

  • Webライターを始め方は簡単【クラウドソーシングに登録】
  • Webライターの始め方【STEP2】プロフィールを登録しよう

 

登録は簡単ですが、その後で迷子になります。やたらとメッセージも届きます。

 

本記事はWebライターに興味があるけど、何をしていいかわからない人の、初めの一歩をお手伝いできればと思い書きました。

 

Webライターの始め方:STEP1.クラウドソーシングに登録

webライター 初心者

 

クラウドソーシングに登録しておけば、初心者でも仕事を受注できる状態になります。

 

クラウドソーシングって何?

仕事を受注したい人には便利な無料サービス。Webライターやプログラミング、Webデザインなど、色んな仕事があります。

 

まずは登録しないと何も始まりません。

 

煽るつもりはありませんが、事実としてどんな内容の仕事があるかわかりません

そもそもあなたに合った仕事がない可能性もあるので、まずは見てみるといいかもって話です。

 

Webライターを始めるのなら登録しておくべき4社

 

登録は無料なので、とりあえずどれでもOKです。

 

クラウドソーシング4社

 

中でもサグーワークスはライターに特化しています。プラチナライターになれるテストがあるので、いきなり受けるのもアリです。

 

サグーワークスは難しい?
サグーワークスのプラチナライターテストは難しい?【初心者が挑戦 】

続きを見る

 

テストを受けて、現在のスキルを確認するのも良い経験になります。何回でも挑戦できるので、軽い気持ちでどうぞ。

 

プラチナライターとは?

サグーワークス内で高単価な案件にも挑戦できる「称号」みたいなものです。挑戦は何度でも無料で出来るので、オススメです。

 

アナザーワークス Facebookアカウントで簡単に登録できます。企業と直接契約できるので、本格的にWebライターとし稼ぐ人におすすめです。

 

基本的な仕組みや使い方はほぼ一緒なので、全部登録しておきましょう。できれば専用のメールアドレスがあった方が望ましいです。

 

色んなメールでBOX内がごちゃごちゃになってしまうので、Gmailで新しく作るといいかもしれません。

 

Webライターの始め方:STEP2.プロフィールを登録しよう!

クラウドソーシング登録

 

クラウドソーシングは登録が簡単です。「名前」や「住所」、「メールアドレス」など基本情報を入力すれば完了します。

特に難しいものではなく、3分程で終わってしまう内容です。問題はその後のプロフィール設定です。

 

プロフィール登録とは?【とりあえず最低限の入力でOK】

 

登録が終わっても、自分のプロフィール欄(マイページ)が真っ白の状態では、見た目も良くありません。

 

「報酬の振込先の登録」や「身分証明書のアップ」など、やらなければいけない事はたくさんあります。

 

特に下記は埋めておきましょう

  • プロフィール(写真やイラスト)
  • ポートフォリオ(経歴)
  • 希望単価
  • 本人確認書類UP

 

初心者とはいえ、仕事を受ける姿勢は見せなければいけません。分かりやすいものが理想ですが、とりあえず空欄さえなければ上出来です。

 

後で編集できるので、記載できる情報が増えたら更新しましょう。

 

実績がない状態でも、出来る事はやっておくべきです。実績が多い登録者を見ればわかりますが、パッと見でわかる安心感が伝わるのがベストでしょう。

 

クラウドソーシング登録後に届くメールには注意!

 

クラウドソーシングに登録すると、メールがたくさん届きます。

 

  • スキル不要!
  • 初心者歓迎!
  • 簡単作業!

 

上記のような内容のメールが大量に届きます。「不安でいっぱいの初心者を狩りにきているのか?」と思ってしまう程です。

 

メールの内容次第ですが、慎重にお選びください。

 

初心者は登録後のプロフィール入力で苦戦【解決方法を提案】

 

初心者が悩むのはプロフィールの作成です。

 

何を書けばいいかわからない

しかしこのプロフィールが大事です。ありったけの経験を書きましょう。ブログを運営しているのなら、それが実績になります。

 

といっても、具体的に何を書けばいいかが難しく、どこまで必要かもわからないですよね。そんなあなたは、下記を参考にどうぞ。

 

おすすめ記事

 

ナオさん(@nao8110_writer)はフリーランスとしてライターをされている方なので、他の記事もチェックしておきましょう。

 

慣れてきたら、実際にクラウドソーシングに登録している人のプロフィールを見るのもOKです。

 

まとめ:Webライター初心者はクラウドソーシング一択

 

それでは、本記事のおさらいです。

 

Webライターに興味があるなら、まずクラウドソーシングに登録しましょう。

 

初心者がWebライターを始めるには、クラウドソーシングに登録して文章を書く感覚をつかみましょう。単価が安い案件も多いですが、経験を積むにはもってこいの環境です。

 

おすすめは下記の4つ

 

登録は簡単で無料ですが、その後のプロフィール設定でつまずきます。しかし重要なのでしっかりと記載しましょう。

 

興味があるけど、まだ始めていないのならまず一歩踏み出しましょう。事実なのでいっておくと、登録で迷っているようではスピードが遅いです。

 

初心者ほど最初の案件を受注するのが難しく、「得意分野」を選ぶか「簡単な作業」を選ぶしかありません。タイミングが悪ければ見つかりませんです。

 

登録しておくことで、自分に合った案件を見つけられる可能性は高くなります。

もし悩んでいるのなら、悩む場所を間違えています。

 

以上です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

関連記事Webライター初心者の僕がクラウドソーシングで案件を受注した方法

-Webライター
-

Copyright© けーぶるLIFE , 2020 All Rights Reserved.