UQモバイル

UQモバイルで2回線以上MNPする方法!申し込みするときの注意点を徹底解説

UQモバイルで2回線~MNPする方法!問い合わせて判明した意外な事実

 

知りたい人
UQモバイルは何回線まで申し込みできるの?1つの名義で契約できるのは制限があるって聞くけど。

 

こんな疑問に答えます。

 

本記事でわかること

  • UQモバイルで3回線まで契約する方法
  • UQモバイルで3回線以上契約する方法
  • UQモバイルで家族割に申し込みをする方法
  • UQモバイルの端末を分割払いで買う場合の注意点

 

調べてみても、ややこしい仕組みになっていますが、結論をいうと1つの名義で申し込みできるのは3回線まで

 

僕は実際に自分の名義で、新規1回線、MNPで2回線を申し込みできました。

 

同一名義で複数回線の申込みをすることは可能ですか?

はい、同一名義で最大3回線までお申込みいただけます。
※契約当初に契約できる回線数は原則1回線までです。但しご契約内容により複数回線のお申込みが可能です。

その後ご利用状況等に応じて最大5回線までお申込みいただけます。

UQモバイル公式より引用

ただし条件はあります。この件に関してはUQモバイルにも問い合わせしたので、そのへんも詳しく解説します。

 

UQモバイルで2回線以上MNPする方法を解説

UQモバイルで3回線MNPする方法を解説

 

ショップとオンラインでは条件が違い、新規とMNPでもまた違います

 

回答頂いた内容を抜粋

オンライン申し込みの際は、MNP新規回線は 不正契約防止の観点より、2回線目より利用者登録を行うことで お申し込みが可能となっております。

つまり、ショップでは1名義で3回線までOK。オンラインでは、2回線から利用者登録をする必要がある

 

とはいえ、利用者登録をするのも簡単なので心配しなくてだいじょうぶです。

 

1つの名義で3回戦まで申し込みする方法

 

オンラインで申し込みする場合は、2回線目から利用者登録をすることで3回線まで申し込みできます

 

これはあくまでも、90日ルールを回避するための手段。1回線目の申し込みから、90日経っていれば利用者登録は不要です

 

といっても、家族で乗り換えする場合は一緒に申し込むと思うので、利用者登録が必須になります。

 

新規とMNPで条件が違う

 

ここでも「90日以内に複数回線の申し込み」をすることを前提にお話します。「新規」と「MNP」、どちらも1名義で契約できるのは3回線まで。

 

ショップの場合

MNP→利用者登録が不要

新規→2回線目から利用者登録

 

ショップの場合は、利用者登録をする必要がありません。

 

オンラインの場合

MNP→2回線目から利用者登録

新規→2回線目から利用者登録

 

オンラインでは上記の通り。とにかく、90日以内に同じ名義で3回線を申し込む場合は、使う人の名前を教えてねって話です。

 

また、クレジットカードがないとオンラインで新規の申し込みができません。

 

利用者登録は申し込みのときに入力するだけでOK

 

申し込みの時に、使う人の名前を登録すれば完了。利用者の本人確認書類は不要です。

 

 

基本的に家族で使うことが多いと思うので、イメージとしては下記。

 

  • 契約者→あなた
  • 利用者→配偶者
  • 利用者→子供

 

組み合わせは色々ありますので、わりと融通がきくかなと思います。

 

注意!申し込みは1回ずつ行う必要があります

 

申し込みは人数分しなくてはいけません。ここはちょっと面倒ですね。

 

  • 契約者→あなたの分で1回
  • 利用者→配偶者の分で1回
  • 利用者→子供の分で1回

 

プラン選択や契約内容の入力~申し込み完了するまでの作業を3回しなくてはいけません。

1回にかかる時間は10分程なので、3回線申し込むには30分は必要です。

 

参考記事

【徹底解説】UQモバイルへの乗り換え手順【画像を使って完全ナビ】
【徹底解説】UQモバイルへの乗り換え手順【画像を使って完全ナビ】

続きを見る

 

UQモバイルで3回線以上契約する方法

UQモバイルで3回線以上契約する方法

 

90日以内に3回線以上を申し込むには、名義が1人では足りません。4人家族以上の方は注意してくださいね。

 

最短!契約者を2名にすれば6回線までいける

 

単純に契約者を2人にすれば解決します。

 

4人家族の場合

  • 契約者→あなた
  • 利用者→子供
  • 利用者→子供
  • 契約者→配偶者

 

こんな感じでOKです。契約者それぞれに、利用者登録で子供を1人ずつでもだいじょうぶです。

 

6人家族の場合

  • 契約者→あなた
  • 利用者→父親
  • 利用者→母親
  • 契約者→配偶者
  • 利用者→子供
  • 利用者→子供

 

こんな感じでも問題ありません。90日以内は契約者1人につき、利用者登録は2人まで。

 

家族名義のクレジットカードはNG!家族カードはOK

 

契約者を2人以上にする場合は、クレジットカードを別で用意する必要があります

 

支払い口座を一緒にしたいのであれば、家族カードが便利。無料なので作っておくのをおすすめします。

 

口座振替でも契約できますが、口座振替依頼書など、手続きの手間を考えるとクレジットカードが楽ちん

 

他の格安SIMなら簡単に複数回線の契約ができる

 

例えばワイモバイルなら、1つの名義で5回線まで申し込みできます。

 

UQモバイルと一緒で利用者登録は必要ですが、1名義で契約できる幅が広がりますね。

 

料金プランに関してはだいたい似ているので、検討してみるのもアリです。

 

UQモバイルとの違いに関しては【2020年】UQモバイルとワイモバイルを比較!両社を使ってわかったことをご覧ください。

 

UQモバイルで家族割に申し込みをする方法

UQモバイルで家族割に申し込みをする方法

 

UQモバイルで家族割に申し込むには、サポートセンターに電話しなければいけません

 

家族割申し込みの流れ

  1. UQモバイルの申込みが完了
  2. 契約者が電話で申し込みする
  3. 翌月から家族割が適用される

 

家族割が適用されるのは、申し込みをした翌月から。2回線目以降が対象で500円引きになります。

 

UQモバイルの端末を分割払いで買う場合は注意が必要

UQモバイルの端末を分割払いで買う場合は注意が必要

 

分割払いでスマホを購入するのは、少しめんどくさい決まりがあります。

 

分割払いでスマホを購入できるのは最大2契約まで(6ヵ月以内)

 

分割払いで申し込みできるのは、最大で2回線まで。これはUQモバイルにも確認済みです。

 

回答頂いた内容を抜粋

3台目の割賦契約を希望の場合、 2台目に割賦購入いただいた端末の購入月より6ヶ月以内は 追加の割賦申し込みが出来かねます為、 6か月目以降に3台目のお申し込みをお願いしております。

つまり、3台以上スマホを購入するなら「一括払いで購入してね」ってことです。

 

一括購入も分割払いも支払う金額は一緒

 

UQモバイルは、一括でも分割でも支払う料金は変わりません。分割払いの手数料もなし

 

参考

支払いに余裕があれば一括購入もアリ。MNPの申し込みのときのほうが安く買えます

 

機種変更になると、割高になるので注意が必要です。だから複数の分割払いは受付しないんでしょうね。

 

まとめ:UQモバイルは面倒な90日ルールを回避できる

 

それでは本記事のおさらいです。

 

UQモバイルは「90日ルール」というめんどくさい決まりがありますが、普通に回避できます。

 

1つの名義で3回線まで

  • 利用者登録をする
  • 契約者を2人にする
  • 新規もMNPも一緒

 

注意すべきは、スマホの購入です。

 

分割払いは最大で2台

機種変更は割高になる

 

2台以上を買うのであれば、一括購入をするのも検討してみましょう。1万円くらいでも購入できます。

 

下記の記事で僕のおすすめスマホも紹介しています。

 

関連記事

【2020年】UQモバイルのおすすめスマホを3機種ピックアップ!
【2020年】UQモバイルのおすすめスマホを3機種ピックアップ!

続きを見る

 

UQモバイルは家族割を申し込めば、500円割引もあります。性能面でもデメリットが少ない優秀な格安SIMです。

 

それでは以上です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

関連記事【最新】UQモバイルを契約後レビュー!iPhoneとAndroidで徹底検証!

-UQモバイル

© 2020 けーぶるLIFE