MNP設定・準備

【自宅でOK】SIMロック解除を自分でやる方法【初心者向けに解説】

【自宅でOK】SIMロック解除を自分でやる方法【初心者向けに解説】

 

悩める人
SIMロック解除ってどうしりゃいいの?誰か教えて。

 

こんな悩みを解決できる記事です。

 

本記事でわかること

  • 大手3キャリアのSIMロック解除手順
  • 格安SIM2社のSIMロック解除手順
  • SIMロック解除のタイミング

 

上記を初心者にもわかりやすく解説していきますね。

SIMロックの解除は原則として、スマホを購入してから100日以降じゃないと解除できませんでした

 

しかし、2020年に入り各社で条件が変わり、人によっては100日ルールが無効になる場合もあります。必ず本記事でチェックしておきましょう。

 

また、解除にかかる費用は、原則としてWebのみ無料となっています。

 

SIMロック解除は1度やってみると、簡単すぎて拍子抜けします。ショップに3,000円も払うのはアホらしいですよね。

 

初めてでも、是非チャレンジしてください。

 

なぜSIMロック解除は必要なの?

なぜSIMロック解除は必要なの?

 

基本的にはSIMフリー化、スマホを各社のSIMカードに対応させるためですが、他にも大事な理由があります。

 

SIMロック解除しないと自由にMNP(乗り換え)できない

 

まずは基本的なことですが、SIMロックを解除しておけば乗り換え先を自由に選べる

 

例えば、ドコモで購入したスマホなら「ドコモ系」のSIMカードしか認識しません

 

解除することで、どのキャリア、または格安SIMを選んでも使えるようになります。

 

スマホを売るときに査定価格が下がる

 

SIMロックがかかっていると、査定額が下がることが多いです。

 

ドコモでしか使えないiPhoneよりも、SIMフリーの方が色んな人に売れやすいですよね。そういうことです。

 

売るときでもSIMロック解除は必要と言えますね。

 

不要なスマホでもSIMロック解除しないと損

 

使わないスマホを、SIMロック解除しないままで放置しているのはもったいない。使い道はけっこうありますよ。

 

  • 壊れたとき用のサブ機
  • Wi-Fiルーターの代わり
  • 知り合いにあげる(売る)

 

などなど、けっこう使い道もあるので、SIMロックってけっこう邪魔になるんですよね。

 

他社に乗り換えでもSIMロック解除が不要なケース

他社に乗り換えでもSIMロック解除が不要なケース

 

次に乗り換える携帯会社が、今使っているスマホと同じ回線ならSIMロック解除は不要です。

基本的には大手キャリア格安SIMの場合ですね。

 

SIMロック解除が不要

  • ドコモ→ドコモ回線SIM
  • au→au回線SIM(一部SIMロック解除)
  • ソフトバンク→ソフトバンク回線SIM

 

ほとんどの場合は上記の感じで問題ないですが、念のため格安SIMのホームページにて動作端末を確認しておきましょう。

 

SIMロック解除の前にIMEI番号を確認する

SIMロック解除の前にIMEI番号を確認する

 

IMEI番号はスマホの設定から確認できます。SIMロック解除するときに必要なので、メモしておいてください。

 

ショートカットダイヤル

スマホに入っている電話アプリに「*#06#」を入力。

 

iPhone・Android共通で使えます。

 

 

上記がうまくいかなくても、スマホの設定からも確認できるので安心してください。

 

iPhoneの場合

iPhone:設定→一般→情報

 

 

ここに記載されている15桁の番号になります、似ている番号がありますが「IMEI」が正解です。

 

Androidの場合

Android:設定→端末(デバイス)情報→端末の状態

 

 

スマホによって若干違うかもしれませんが、端末情報から「IMEI」を探してみてください。

 

ここからは具体的なSIMロック解除の手順になります。理解度が30%くらいでもトライしましょう。

 

とにかくやってみなきゃわかりませんよ。

 

ドコモのSIMロック解除条件

ドコモのSIMロック解除条件

ドコモのSIMロック解除条件は上記の画像の通り。

 

ただ、上記に当てはまらなくても、条件を満たせば100日以内でも解約できます

 

100日以内でも解除できるケース

  • スマホを一括で購入した
  • 機種代金の支払いが終わっている
  • クレジットカードでスマホを購入した

 

クレジットカードで購入した場合は、分割払いが残っていてもOK

 

また、解約した後や、中古でスマホを購入した場合でもSIMロックを解除できます。ただし、ネットワーク制限がかかっていない、購入から100日たっていないとダメ。

 

なるべく契約中に解除しておくのがベストです。また、中古スマホを購入する場合はSIMロック解除済の端末を選びましょう。

 

ドコモの解除SIMロック解除手順

受け付け時間:9:00~20:00まで

 

まずはMy docomoにアクセスしてください。コチラから手続きできます。

 

Webでの手順

  1. My docomoにログイン
  2. 契約内容・手続きを選択
  3. 「SIMロック解除」と検索
  4. dアカウントでログイン
  5. IMEI番号を入力
  6. 入力内容を確認して「手続き完了」を選択

 

 

上記のように、ログインしたら検索するのがおすすめです。ページの下の方にあるので、探すのが大変です。

 

auのSIMロック解除条件

auのSIMロック解除条件

auのSIMロック解除条件は上記の画像をご覧ください。

 

即日で解除するには、契約中に下記の条件を満たしている必要があります。

 

100日以内でも解除できるケース

  • スマホを一括で購入した
  • 機種代金の支払が終わっている
  • クレジットカードでスマホを購入した

 

機種代金を分割で払っている人からすると、口座振替は少し不利ですね。

 

解約済みのスマホは、店舗でしかSIMロック解除を受け付けていません。なので、手数料として3,000円かかります。

 

必ず契約中に解除しておきましょうね。

 

auのSIMロック解除手順

受け付け時間:9:00~21:30まで

 

まずはauの「SIMロック解除ページ」にアクセスしてください。コチラから進めます。

 

Webでの手順

  1. 「SIMロック解除のお手続き」にログイン
  2. IMEI番号を入力する
  3. SIMロック解除の可否判定
  4. OKならチェックしながら進む
  5. 「この内容で申し込む」を選択

 

 

ログインすると、上記のページになります。

「SIMロック解除ができない端末です」と表示されたら条件を満たしていない可能性が高いです。

 

ソフトバンクのSIMロック解除条件

ソフトバンクのSIMロック解除条件

ソフトバンクの場合は画像の通りです。

 

支払い方法がクレジットカードか口座振替かで、条件が変わってきます。

 

100日以内でも解除できるケース

  • スマホを一括で購入した
  • 機種代金の支払いが終わっている
  • クレジットカードでスマホを購入した

 

スマホを一括で購入するのなら気にしなくてもOKですが、普通に分割払いですよね。

 

解約済みのスマホに関しては、店舗でしか受け付けていません。なので、どうしても3,000円かかってしまいます。

 

解約前にSIMロック解除を済ませておくのが基本です。

 

ソフトバンクのSIMロック解除手順

受け付け時間:9:00~21:00まで

 

手続きは、My Softbankから始めましょう。コチラから「モバイル」を選んでください。

 

Webでの手順

  1. My SoftBankにログイン
  2. メニューを選択
  3. 契約・オプション管理を選ぶ
  4. SIMロック解除手続きに進む
  5. IMEI番号を入力する
  6. 注意事項を確認して進む
  7. 「解除手続きをする」を選択

 

 

メニューから進めばスムーズにいきます。完了したらスマホに通知がきますよ

 

UQモバイルのSIMロック解除条件

UQモバイルのSIMロック解除条件

 

格安SIMであるUQモバイルも、基本的に同じ条件です。

 

100日以内でも解除できるケース

  • スマホを一括で購入した
  • 機種代金の支払いが終わっている
  • クレジットカードでスマホを購入した

 

ただ、クレジットカード支払いでスマホ購入後100日以内の場合は、電話の受け付けのみです。契約者本人が電話すれば無料です。

 

解約後であっても、条件を満たしていればSIMロック解除OKです。

 

UQモバイルのSIMロック解除手順

受け付け時間:9:00~21:30まで

 

UQモバイルは、my UQ mobileから進めていきます。

 

Webでの手順

  1. my UQ mobileにログイン
  2. トップの「ご契約内容」を選ぶ
  3. 「契約回線情報一覧」を選択
  4. 解除したい電話番号の「詳細」をタップ
  5. 下にスクロールして「SIMロック解除」を選択
  6. 「ロック解除」→「実行」で完了

 

 

購入から100日以内の場合は、電話窓口からのみ対応しています。

 

UQお客さまセンター0120-929-818

受付時間 9:00 ~ 21:00(年中無休)

 

音声ガイダンスに従って進んでください。

 

ワイモバイルのSIMロック解除条件

ワイモバイルのSIMロック解除条件

 

基本的な内容は、他社と変わりません。

 

100日以内でも解除できるケース

  • スマホを一括で購入した
  • 機種代金の支払いが終わっている
  • クレジットカードでスマホを購入した

 

解約後の端末は、本人確認書類があれば、ショップでSIMロック解除可能です。ただ、その場合は3,000円かかります。

 

ワイモバイルのSIMロック解除手順

受け付け時間:9:00~21:00まで

 

手続きは、My Y!mobileから行えます。

 

Webでの手順

  1. My Y!mobileにログイン
  2. トップの「契約確認・変更」を選ぶ
  3. ご契約内容の「もっとみる」をタップ
  4. 下にスクロールに「SIMロック解除」を選択
  5. IMEI番号を入力して
  6. 「解除手続きをする」で完了

 

 

ちょっと「SIMロック解除の手続き」が見つけにくいかもしれませんが、3,000円分の作業なのでがんばってください。

 

SIMロック解除のタイミングは?いつするものなの?

SIMロック解除のタイミングは?いつするものなの?

 

SIMロック解除は、乗り換えやスマホの買い替えのときにやっておくのがベストです。

 

MNP(乗り換え)するときに解除する

 

他社に乗り換えるときは、まずSIMロックを解除しましょう。MNP予約番号はその後です。

 

乗り換え手順

  1. SIMロック解除
  2. MNP予約番号
  3. 他社への申し込み

 

楽天モバイルのようにSIMフリーの端末は気にしなくてOKです。

 

新しいスマホを買うときに解除する

 

新しいスマホを購入する場合でも、今使っている端末のSIMロックを解除しておきましょう。

 

スマホが壊れている(売れないくらい)場合を除き、解除しておくのがおすすめ。

 

売るも良し、代用機にするも良しです。

 

契約中にしておかないとデメリットが多い

 

解約してからのSIMロック解除はデメリットばかり。必ず契約中に解除しましょ。

 

  • ショップでしか解除できない
  • 契約者本人しか解除できなくなる
  • 書類を用意しなきゃいけない(身分証明書など)

 

結局3,000円かかるうえに、手間も増えます。いいことなし。

 

まとめ:SIMロック解除はショップ不要!初心者でもだいじょうぶ!

 

それでは本記事のおさらいです。

 

SIMロック解除は、ショップでやってもらうと3,000円の手数料がかかります。自分で解除することで、ムダな費用を抑えられます。

 

初めは難しく感じるかもしれませんが、1回やってしまえば簡単に感じるはず。次からは他社への乗り換え難易度が大きくさがります

 

条件を満たしていれば、自宅で簡単にできる作業です。ショップに行くのは損、というか時間も無駄にします

 

必ずできるので、是非やってみましょう。

 

以上です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

人気記事【最新版】格安SIMの乗り換えおすすめランキング!厳選3社を比較!

-MNP設定・準備

© 2020 けーぶるLIFE