格安SIM

【最新版】格安SIMの乗り換えおすすめランキング!厳選3社を比較!

【最新版】格安SIMの乗り換えおすすめランキング!厳選3社を比較!

 

知りたい人
おすすめの格安SIMを知りたい、、、失敗しないものを選びたいな

 

こんな疑問に答えます。

 

格安SIMは20社以上からでていますが、実は人気のものは3つほどしかないんです。

 

画像引用元:MMD研究所

 

本記事では格安SIMに向いているかをチェック、そして格安SIMをランキング形式で発表したいと思います。

 

ランキングを作るにあたって、20代~40代を対象に格安SIMについての簡単な調査をしました。

 

まだ格安SIMを使ったことのない友人や会社の人に「どんな格安SIMなら使ってみたい?」と聞いてみたところ、下記のような意見が出てきました。

 

多かった意見

  • 通信速度が安定しているもの
  • とにかく月額料金が安いもの
  • 料金と通信速度のバランスがいいもの

 

本記事では、上記の意見をもとに格安SIMを選びました。あなたに向いているものが見つかれば嬉しく思います。

 

記事の後半では、初心者向けに格安SIMの基本的なことも解説しているので、是非お読みください。

 

初めての格安SIMにおすすめ3社をランキングで発表!

初めての格安SIMにおすすめ3社をランキングで発表!

 

ここで紹介するランキングは、初心者向けのランキングです。料金が安いというよりも、サービスとして安定している格安SIMを選びました。

 

ランキング早見表

順位キャリア料金通信容量
1位UQモバイル1,980円3GB
2位ワイモバイル1,980円3GB
3位楽天モバイル 2,980円無制限/5GB

それでは1位から順番に見ていきましょう。

 

格安SIMおすすめランキング1位:UQモバイル

 通信容量料金10分かけ放題
プランS3GB1,980円2,680円
プランM9GB2,980円3,680円
プランL14GB3,980円4,680円

UQモバイルau回線を使っている格安SIMです。

 

auの親会社であるKDDIの子会社ともあってCMでわかる通り、力の入れ方も違います。料金プランがシンプルで選びやすいのが特徴です。

 

UQモバイルのデメリット

  • au回線しか使えない
  • プランが少ない

 

デメリットが少ない優等生って感じがしました。

 

UQモバイルのメリット

  • 家族割・学割がある
  • 15日間無料で試せる
  • 実店舗が全国にある
  • 縛り・違約金なし

 

格安SIMの中でも通信速度が早くて安定しているので、乗り換えても安心して使えます。

 

15日間の無料期間を使って試すこともできるので、失敗は減らせると思います。

 

使用回線au回線
おすすめ度
公式HPUQモバイル

関連記事UQモバイルの評判まとめ【格安SIM初心者に選ばれる3つの理由】

 

格安SIMおすすめランキング2位:ワイモバイル

 通信容量料金6ヶ月~
プランS3GB1,980円2,680円
プランM9GB2,980円3,680円
プランL14GB3,980円4,680円

※上記は「新規割」のみが反映されている料金です。

 

ワイモバイルは、ソフトバンクから出ているサブブランドになるので、厳密にいうと格安SIMではありません。

 

ソフトバンクと同じ通信回線を使っているので、ネット回線が安定しています。

 

ワイモバイルのデメリット

  • ワイモバイル回線しか使えない
  • 格安SIMの中でも料金が高め
  • 利用から6ヶ月で料金が上がる
  • 割引がないと安くはならない
  • プランが少ない

 

品質に関しては、デメリットという感じのものはありませんが、格安SIMの中では料金が少し高めです。

 

ワイモバイルのメリット

  • 国内通話が10分かけ放題
  • 通信速度がトップクラス
  • 家族割、光セット割、学割がある
  • 実店舗が多くサポートも厚い
  • 縛り・違約金なし

 

大手キャリアからの乗り換えでも、全く違和感のない品質です。割引額は少し減りますが、ソフトバンク光とのセット割もあります。

 

使用回線ソフトバンク回線
おすすめ度
公式HPワイモバイル

関連記事ワイモバイルのデメリットは6つ!実際に使ってみた経験から解説します

 

格安SIMおすすめランキング3位:楽天モバイル

UN-RIMITデータ容量料金
対象エリア無制限2,980円
パートナー回線5GB2,980円

楽天モバイルは、2020年4月8日から独自回線を使い、新キャリアとしてスタートしました。

 

楽天モバイルのデメリット

  • 通信エリアがまだまだ少ない
  • 通信回線が安定しない

 

プランは「UN-RIMIT」1つしか選べません。

 

楽天モバイルのメリット

  • 2,980円で通信、通話し放題
  • 速度制限がかかっても1Mbps
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 縛り・違約金なし
  • SPU対象

 

楽天市場をよく使っているなら、お得に楽天ポイントが貯まる格安SIMです。対象エリア外でも5GB使えるのはかなりいい。

 

使用回線楽天 / au回線
おすすめ度
公式HP楽天モバイル

関連記事【初心者向け】楽天モバイル「 UN-LIMIT」をわかりやすく解説!

 

安いのはわかっているのに格安SIMに乗り換えない理由とは

安いのはわかっているのに格安SIMに乗り換えない理由とは

 

画像引用元:MMD研究所

 

格安SIMは知っているけど実際には使っていないって人が、全体の60%を占めています。

 

僕の周りで多かったのが下記の意見です。

 

  • 乗り換えるのがめんどくさい
  • 通信速度が遅くなるのは嫌だ
  • よくわからないから替えない

 

とにかく「よくわからない」という意見が多かったのですが、料金が安くなることは理解しているみたいでした。

 

結局のところ格安SIMに乗り換える必要はある?

結局のところ格安SIMに乗り換える必要はある?

 

すべての人が格安SIM乗り換える必要はないというのが僕の結論です。

 

自分の生活スタイルに合っているかどうかで決めましょう。まずは、格安SIMがあなたに向いているかチェックしてみてください

 

乗り換えるメリットがない人

 

スマホの使い方について話を聞いていると、大手キャリアが合っているなと思う人もいました。

 

格安SIMが不要な人の特徴

  • 自宅にWi-Fi環境がない
  • 外出先で動画をよく見る
  • 仕事の関係で出張が多い
  • 通話を長くすることが多い
  • 最新機種を分割払いで買いたい
  • スマホでゲームをよくする(課金する)

 

上記のような感じで、スマホの使用頻度が多いからお金がかかるのは仕方がないと言っている人がほとんどでした。

 

特に20代~30代の独身の人が多いですね。

 

実際のところ動画やゲームなどで、データ通信をよくする人はauドコモソフトバンクでも問題ないと思います。

 

できるだけ早く乗り換えるべき人

 

どれを選べばいいかわからないから迷ってるって人は、なるべく早く格安SIMにした方がいいと思います。

 

乗り換えるべき人

  • 自宅にWi-Fi環境がある
  • できるなら節約をしたい
  • 最新のスマホに興味がない
  • 外出先でスマホをほとんど使わない
  • 通話はしない、LINE電話ですませる
  • 子供に持たせるスマホを考えている

 

これらに当てはまる人は、格安SIMに乗り換えた方が絶対お得です。現在のスマホ料金が8,000円くらいなら、5,000円くらいは簡単に下げられます。

 

20代後半~40代の家庭をもっている人の多くは、知っているけど、不安だから変えていないという状況です。

 

正直もったいないので、もう少しだけ興味を持ってください。

 

自分に合った格安SIMを選ぶための5つのポイント

自分に合った格安SIMを選ぶための5つのポイント

 

ランキングで紹介した格安SIMの中でも、あなたの生活スタイルによって順位は変わるでしょう。

 

  • 月額料金が納得できるか
  • 使えないと困るものはないか
  • どのくらいデータを使っているか

 

格安SIMを選ぶイメージしては、不要なものを捨ていく感じで考えてください。大手キャリアを使っていて、不要に感じているものはありませんか。

 

月額料金に納得できるものを選ぶ

 

自宅にWi-Fi環境が整っていて、出先で使うことが少ないのであれば、月額料金の安い格安SIMを選ぶのがおすすめです。

 

料金2年分の計算

 ~1年目~2年目合計:2年分
ワイモバイル約28,000円約32,000円約6万円
UQモバイル約32,000円約32,000円約6,4万円
楽天モバイル約36,000円約36,000円約7,2万円

プラン詳細

  • UQモバイル→プランS+10分かけ放題
  • ワイモバイル→プランS(10分かけ放題付き)
  • 楽天モバイル→プランS(10分かけ放題付き)

 

初めの料金が安いだけの格安SIMは、長期的にみると損なので注意しましょう。

 

貯められるポイントで選ぶ

 

どの格安SIMも月額料金は大きく違わないので、付与されるポイントで選ぶのも1つです。

 

  • ワイモバイル→Tポイント
  • 楽天モバイル→楽天ポイント
  • UQモバイル→ポイント無し

 

普段から貯めているポイントで選ぶのもいいんじゃないかと思います。Tポイントや楽天ポイントは、日常生活でも使うことが多く便利ですよね。

 

通信速度が安定しているものを選ぶ

 

料金が安くても、通信速度が遅いと評価は下がりますよね。あなたがどんなスマホの使い方をしてるかで決めましょう。

 

  • ゲームをよくする
  • ネットで色々見る
  • 外出先で動画を見る

 

自宅(Wi-Fi環境)以外での利用が多いのなら、ワイモバイルかUQモバイルにしないと快適に使えないことが多いです。

 

セットで購入できるスマホで選ぶ

 

大手キャリアみたいに最新機種はありませんが、それなりに機種のラインナップもあります。

 

 

楽天モバイルだけはiPhoneを取り扱っていないので、別途購入しなければいけません。

 

お得なキャンペーンで選ぶ

 

各社のキャンペーンは、時期によって内容が変わりますが、チェックしておきましょう

 

  • キャッシュバック
  • 2台目以降がお得
  • 初月の料金がお得

 

キャンペーンは一時的にお得なだけなので、選ぶ基準としては弱いですが、キャッシュバックがあれば受けとっておきましょう。

 

3社の中から更に厳選!失敗しない格安SIMを選ぶならこれだ!

3社の中から更に厳選!失敗しない格安SIMを選ぶならこれだ!

出展:UQモバイル

ランキングで紹介した格安SIMの中でも、絶対に失敗したくないのであればUQモバイルを選んでください。

 

UQモバイルのデメリットは、料金が少し高いくらいなんですよね。

 

もちろん、誰もが満足できるわけではないと思いますが、大手キャリアからの乗り換えでも違和感なく使えます

 

  • 大手キャリアと変わらない通信速度
  • かけ放題がアプリなしで利用できる
  • 人気が高くショップも充実している

 

大手キャリアからの乗り換えで使っても、乗り換えたのも気づかないくらいです。クセがないので格安SIMって感じはありません。

 

\格安SIMの優等生/

UQモバイル公式ページ

15日間無料で試すことがきます!

 

Q&A:格安SIMについてよくある質問

Q&A:格安SIMについてよくある質問

 

ここからは、格安SIMについてよくある質問に答えていきます。

 

今更だけどSIMってなに?

 

SIMは、スマホに差し込むキャリアを認識するためのデータが詰まった板です。

 

  • 標準SIM→25㎜×15㎜
  • micro(マイクロ)SIM→15㎜×12㎜
  • nano(ナノ)SIM→12.3㎜×8.8㎜

 

最近のスマホは、nano(ナノ)SIMが多く、ちょっと前はmicro(マイクロ)SIMが主流でした。乗り換えの際は必ずサイズを確認しましょう。

 

iPhoneはほとんどnano(ナノ)SIMです。

 

SIMフリーってどういうこと?

 

SIMロックを解除して、スマホをどの回線でも使えるようにすることです。

 

例えば、ドコモで購入したスマホなら、ドコモ回線しか使えないようになっています。

 

SIMロック解除方法

  • ドコモマイページ→契約内容→SIMロック解除

  • auauサポート→My au(SIMロック解除のお手続き)

  • ソフトバンクMy SoftBank→メニュー>>契約・オプション管理>>SIMロック解除手続き

 

ショップでの解除は有料で、手数料として3,000円かかってしまうので、必ずWebにて解除しましょう。

 

格安の通信速度はなんで大手キャリアに劣るの?

 

格安SIMは、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から回線の一部を借りてサービスを提供しています

 

使える容量が限られており、「混みやすい状況」なので、流れが悪くなってしまうんです。

 

Y!mobileは、ソフトバンクと同じ電波を利用しているので、安定しています。

 

格安スマホと格安SIMの違いはなに?

 

けっこう同じものとして認識されていますが、厳密に言えば違います。

 

  • 格安SIM→安く利用できるSIMカード
  • 格安スマホ→安く買えるスマホ

 

iPhoneを格安スマホとは言いませんよね。なんとなくでいいので、使いわけましょう。

 

動画やゲームには向いていないの?

 

通信速度が安定しない格安SIMにとっては、負荷が大きい通信を必要するものは苦手です。

 

混み合う時間はきつい

  • ゲームの読み込みが遅い
  • YouTubeがHD画質で映らない
  • 地図アプリがまともに作動しない

 

格安SIMによっては使い方が限られてしまうので、しっかり比較しましょう。

 

電話帳のデータは移行できる?

 

現在のスマホをそのままMNPするのなら問題ありませんね。方法はいくつかありますが、アプリが簡単だと思います。

 

その他の方法

  • Gmailを使うGmailに登録→連絡帳を同期
  • SDカードを使う→連絡帳をエクスポート

 

アプリを使って移行する

JSバックアップ

 

JSバックアップ
開発元:JOHOSPACE
無料
posted withアプリーチ

乗り換える前に、自分にあった移行する方法を見つけておきましょう。

 

通話料金が高くなるってホント?

 

格安SIMの中には、10分かけ放題がオプションとしてつけられるものが多く、通話が少ないのであれば高くなりません

 

気になる通話品質はけっこう安定しているので、心配する必要はありません。

 

Y!mobileやUQモバイルであれば、無制限のかけ放題が選べます

 

初期設定は簡単にできる?

 

初期設定は、SIMカードと一緒に送られてくる設定マニュアルに従っていけばわりと簡単にできると思います。

 

android、iPhoneで方法は違いますが、どちらも丁寧に記載されています。

 

不安な場合は、実店舗のある格安SIMを選ぶことをおすすめします

 

口座振替には対応している?

 

本記事で紹介した格安SIMは、すべて口座振替に対応しています

 

ただし、楽天モバイルはクレジットカードの方が相性が良く、なにかとお得です。

 

楽天ポイントを効率よく貯めるには、クレジットカードが必須アイテムになります。口座振替にするのなら、Y!mobileかUQモバイルがおすすめです。

 

格安SIMの料金が安いのはなんで?

 

格安SIMが安く提供できる理由は下記にまとめました。

 

  • 通信回線を借りている
  • ネットでの販売がメイン
  • オプション加入での割引がない

 

大手キャリアに比べて「無駄がないから」という感じですね。ショップでの販売がメインなら人件費も高いです。

 

格安SIMに乗り換えてもiPhoneは使える?

 

基本的に使えますが、古い機種はSIMロック解除できないので、使うことができなくなります。

 

SIMロック解除に対応しているのは、2015年5月以降に発売された機種です。

 

iPhone6s以降の機種なら問題ありません。

 

ネットから格安SIMに乗り換える手順を解説

ネットから格安SIMに乗り換える手順を解説

 

それでは最後に格安SIMへの乗り換え手順を解説します。どのキャリアでも手順がほとんど同じなので、覚えておくと今後が楽になります。

 

混んでいるショップに行く必要がないので、慣れると楽ですよ。

 

関連記事

格安SIMへの乗り換え準備【必要なモノまとめ!これで初心者卒業】
格安SIMへの乗り換え準備【必要なモノまとめ!これで初心者卒業】

続きを見る

関連記事格安SIMへの乗り換え準備【必要なモノまとめ!これで初心者卒業】

MNP予約番号の取得する

 

MNP予約番号は、電話での申し込みがおすすめです。

 

受付時間:各社9:00~20:00まで

  • ドコモ:0120-800-000
  • au:0077-75470
  • ソフトバンク:0800-100-5533

 

他社に乗り換えるので、予約番号をください。」と言えばOKです。

 

各社の有効期限(Webでの申し込み)

  • UQモバイル→有効期限が13日以上
  • ワイモバイル→有効期限が10日以上
  • 楽天モバイル→有効期限が10日以上

 

予約番号は有効期限は15日ありますが、Webでの申し込みは早めにしないといけません

 

SIMロック解除を解除する

 

SIMロック解除は、必ず電話orネットで済ませてください。ショップだと手数料として3,000円かかります

 

SIMロック解除の条件

  • 2015年5月以降に発売された機種
  • 現在の機種を契約してから101日以上経っている

 

ネットの場合は各社のマイページから行えます。めんどくさいと思ったら、MNP予約番号の時に一緒に済ませてもらいましょう

 

WebからSIMロック解除する方法

  • ドコモマイページ→契約内容・→SIMロック解除

  • auauサポート→My au(SIMロック解除のお手続き)

  • ソフトバンクMy SoftBank→メニュー>>契約・オプション管理>>SIMロック解除手続き

 

流れとしては、SIMロック解除ページにいき「IMEI番号」を入力すれば完了します。

 

IMEI番号の確認方法

  • Androidの場合→設定>>デバイス情報
  • iPhoneの場合→設定>>一般>>情報

 

そんなに難しくはないので、是非チャレンジしてみてください。

 

Webから申し込む

 

各社のホームページから申し込みに進めばOKです。住所や名前を入力する以外は、プランなどを選んでいくだけなので、わかりやすくなっています。

 

申し込み時に用意したいもの

  • クレジットカードor銀行通帳
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
  • メールアドレス(Gmail推奨)

 

SIMカードの申し込みだけなら、本人確認書類アップロード後2~4日ほど届くと思います。

 

SIMカードを差し替える

 

SIMカードと一緒に届く「設定マニュアル」が届くので、それを見ながら進めれば簡単に終わります。

 

現在使っているスマホを使うのであれば、SIMカードを差し替える必要があります

 

  • 手順.1:マニュアルに記載の番号に電話する
  • 手順.2:使っていた回線が切れる
  • 手順.3:スマホの電源切る
  • 手順.4:SIMカードを差し替える

 

SIMカードが入っている場所はスマホによって違いますが、専用の「ピン」もしくは「クリップ」で代用しましょう。

 

Google pixel 3

 

初期設定をする

 

差し替えが終わったら「APN設定」をしなければいけません。

 

  • iPhoneの場合→インストール
  • Androidの場合→情報を入力する

 

詳しくはこちらの『【APN設定】iPhoneとAndroidの設定方法を画像付きでわかりやすく解説』をご覧ください。

【APN設定】iPhoneとAndroidの設定方法を画像付きでわかりやすく解説
【APN設定】iPhoneとAndroidの設定方法を画像付きでわかりやすく解説

続きを見る

 

まとめ:格安SIMへの乗り換えはしっかり比較してお得に使おう

 

それでは本記事のおさらいです。

格安SIMは、あなたの生活スタイルに合わせて選びましょう

 

基本的にワイモバイルとUQモバイル以外は、通信速度が安定しません

 

紹介した格安SIM

順位キャリア料金備考
1位UQモバイル1,980円人気・安定No.1
2位ワイモバイル1,980円安定の回線
3位楽天モバイル 2,980円楽天ポイントがお得

たくさんの格安SIMがありますが、どれも料金的には大きく変わりません。あなたにとってお得になるものを選べばいいと思います。

 

大手キャリアからの乗り換えなら、5,000円ほど安くなるはずなので、固定費を見直すのであれば、まずスマホ料金を見直しましょう。

 

以上です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。 

 

人気記事【最新版】格安SIMの乗り換えおすすめランキング!厳選3社を比較!

-格安SIM

© 2020 けーぶるLIFE