楽天モバイル

【最新】楽天モバイルのMNOは2020年4月8日始動。料金プランも判明!

楽天モバイルMNO いつから

 

2020年4月8日、ついに楽天キャリア回線がスタートしました。

 

Rakuten UN-LIMIT

  • 月額料金:2,980円
  • 楽天エリア:制限なし
  • パートナーエリア:5GBまで
  • 通話無料(アプリ利用必須)

 

また、5GB使い切っても「1Mbps」のスピードで無制限。以前の発表よりも大分グレードアップしましたね。

 

申し込みしましたが、かなりアクセスが集中しているみたいですね。

 

\300万人限定で1年間無料/

楽天モバイル公式ページで確認する

エリア外でも5GB利用可能

 

楽天モバイルは、現在はMVNOをメインに携帯電話サービスを提供していますが、2019年10月からは、MNOとしてのサービスをスタートさせました。

 

 

上記の画像は楽天モバイルの、新しいデザインです。赤→ピンクに変更になりました。

 

マゼンダ色」と言うみたいですね。現在の赤色はドコモを連想させるから、変更したのではないしょうか。

 

イメージがガラッと変わりますね。

 

さて本記事では、現時点で楽天モバイルから発表されているもの、そこから読み取れる今後の予想を含めて解説します。

 

本記事の内容

  • 楽天モバイルMNOの新料金プラン
  • 楽天モバイルが始めたMNOサービスの現状
  • 今後の楽天モバイル(MNO)はどうなる?

 

これからスマホ業界は、楽天モバイルの参入により大きく変化があると予想できるので、必ず注目しておきましょう。

 

楽天モバイルが気になっているというあなたに、読んで頂きたい内容となっています。

 

関連記事はコチラ

【まとめ】楽天モバイルUN-LIMITの申し込み~初期設定までの注意点
【まとめ】楽天モバイルUN-LIMITの申し込み~初期設定までの注意点

続きを見る

関連記事【まとめ】楽天モバイルUN-LIMITの申し込み~初期設定までの注意点

 

楽天モバイルMNOの料金プランは破格!データ無制限

 

楽天モバイルから発表されたプランは、データ無制限で2,980円。乗り換え事務手数料は3,300円かかります。

 

料金プラン詳細まとめ

  • データ無制限で使い放題
  • アプリでSNS、国内通話無料
  • プランは1つだけ:2,980円
  • 初回300万名が1年間無料

 

この低価格でドコモ、au、ソフトバンクを大きく引き離しましたね。ただし、注意点もあります。

 

楽天モバイルのキャリア回線は注意が必要

楽天モバイルのキャリア回線は注意が必要

 

料金プランだけをみると、めちゃくちゃお得なんですが、落とし穴もあります。

 

楽天モバイル回線の注意点

  • 対象外のエリアはデータ2GB
  • アプリがないと通話料が発生
  • iPhoneが使えない

 

もう少し詳しく解説しますね。

 

対象外のエリアはデータ2GB

 

楽天回線が使えないエリアでは、auの回線にてサポートをうけるため、2GBまでしか使えません。

 

2GBを超えると制限がかかり、遅くなります。ただ追加データは500円/1GBと格安Sになっています。

 

2020年3月時点の対象エリア

画像引用元;ITmedia

全国で使えるようになるのは2021年の3月を予定しているみたいですね。

 

画像引用元;ITmedia

今のところは順調に進んでいます。ただ現状は、基地局を増やしている段階なので、安定するのも時間がかかりそうです。

 

アプリがないと通話料が発生

 

楽天モバイルをお得に使うには、「Rakuten Link」というアプリが必須です。

 

アプリを使うことでSNSや、国内通話が無料で利用できるようになっています。アプリを使わないと料金プが発生するので注意してください。

 

海外通話に関しては、月額980円のオプションもあります。

 

iPhoneはお得に使えない

 

残念ながら今のところ、「Rakuten Link」にiPhoneは対応していません

 

対応機種

現在は楽天モバイルで販売される12機種が対象となっています。

 

おすすめ機種は、コチラの【2020年最新】楽天モバイルおすすめスマホ3選【お得なキャンペーン有り】をご覧ください。

 

ちなみに、楽天モバイル(MNO)で取り扱う機種は、すべてSIMフリー機種だそうです。

 

今後は、すべての機種に対応してもらわないと困りますね。iPhoneユーザーを手放すわけにはいかないはずです。

 

今後の楽天モバイル(格安SIM)はどうなる?

楽天モバイルMNO 今後

 

今までの楽天モバイルへの受付は、4月7日をもって受付を終了します。

 

詳しくはコチラをご覧ください。

 

利用中の人には楽天モバイルMNOへの切り替えを推奨している

 

楽天モバイルの公式ページでは、回線が整い次第、新しい回線への切り替えを「推奨」しています。

 

楽天モバイル公式>>>自主回線の移行について

 

今後は使えなくなるの

サービス終了についてはまだ発表されていません。現在楽天モバイルを使っている場合は、4月8日から新料金プランへの移行受付が始まります。

 

もう少し詳しく説明しますね。

 

楽天モバイル(MNO)を使うには切り替えが必要

 

楽天モバイルへの切り替えは、「自動で切り替わらない」みたいです。

 

ドコモ回線・au回線でご利用されているお客様は、SIMカードを交換することで、楽天回線へ移行いただけます。

楽天モバイル公式ページ「楽天回線への移行について」から引用

まぁ使っている人からしたら、選ぶ権利があるので当たり前かもしれませんが、、、個人的には楽天ポイントが大事なので、切り替える方向で考えています。

 

田舎でも安定して使えるようになるのが「いつになるか」が重要ですね。

 

結局のところ、替えたくても替えられない状況になる予感がします。

 

格安SIM(MVNO)部門はDMMモバイルが担当する方向か?

 

楽天モバイルは、格安SIM事業者のDMMモバイルを買収しました。これによってMNVOから完全に撤退する可能性が高まりますね。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

楽天モバイルがMVNOから撤退するのであれば、DMMモバイルに移行を促す可能性もあると予想しています。

 

すでにDMMモバイルで貰えるポイントが、楽天ポイントに変更されました。

 

  • キャリア回線→楽天モバイル
  • MVNO回線→DMMモバイル

 

今後は「楽天モバイル」と「楽天ひかり」のサービス内容も今後は変わっていくはずです。楽天ひかりとのセット割が登場してくれることを強く願います。

 

どんな方向に変わるかは、今後の楽天モバイル次第ですね。

 

他社の状況

  • ソフトバンク→Y!mobile
  • au→UQモバイル

 

上記のように、他社も低価格のサービスに力を入れています。

 

ドコモだけは、こういった格安SIMサブブランドに力を入れていない状況です。今となってもドコモ=王様といった感じでしょうか。

 

楽天モバイルが機種の下取りサービスを開始

画像引用元:楽天モバイル

下取りでお得に機種を購入できるようになりました。注意点としては下取り額の支払いは現金ではなく「楽天キャッシュ」で支払われるということです。

 

今後はこういったサービスが楽天PAYと連携して行われる可能性もあるので、今のうちの楽天PAYをダウンロードしておくのもいいかもしれませんね。

 

楽天ペイ

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス!

 

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス!
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

楽天モバイルMNOとは?MVNOとの違い

楽天モバイルMNOとは?MVNOとの違い

 

MNOとは、ドコモ、ソフトバンク、auのような、自主回線を持っている携帯電話キャリアです。

 

ところでMVNOってなに?

ドコモ、ソフトバンク、auから回線の一部を借りてサービスを提供している通信業者。いわゆる格安SIMを提供している業者ですね。

 

MNO(移動体通信事業者)=大手3キャリア

MVNO(仮想移動体通信事業者)=格安SIM

 

楽天モバイルは格安SIMの事業者から、第4のキャリアとして名乗りを上げたのです。

 

楽天モバイルMNOはまだ改善が必要

楽天モバイルMNOはまだ改善が必要

 

通信サービスに関しては、まだまだ改善が必要ですね。無料サポータープログラムが始まっていますが、不具合も多いみたいです。

 

5000人の無料サポータープログラムで実験中

 

2019年10月からスタートしたのは、楽天モバイルに申し込んだ人が対象の「無料サポータープログラム」というもの。

 

楽天モバイルの新しい回線を、無料で使えるモニターテスト。応募者の中から5000人が選ばれたみたいですね。

 

対象者

  • 東京23区、名古屋市、大阪市、神戸市に住んでいる5,000名限定
  • 満18歳以上
  • 新規の申し込み、MNPにて乗り換えの場合

 

楽しみにしていたのですが、田舎者の僕には縁がありませんでした。

 

プログラム期間の終了は2020年の3月31日(火)予定となっています。この期間が終われば、楽天モバイルが本格的にスタートします

 

第二段の無料サポータープログラムは2万人

 

第二弾の無料サポータープログラムに2万人の募集がありましたが、即日定員に達成したので終了しました。

 

通信は改善できるか?「Rakuten Casa」とは?

画像引用元:engadget

「Rakuten Casa」は家庭内の電波を改善できる、小型の基地局です。

 

WiFiルーターとしての機能もついています。詳細は改めて発表するようです。

 

楽天モバイルが新キャリアとして定着するのに必要なもの

楽天モバイル キャリア

 

キャリアとしてスタートしたところで、現在のドコモやau、ソフトバンクのような安定した品質にはならないだろうと予想しています。

 

いい意味で期待を裏切って欲しいですね。

 

楽天キャリアに求めるもの

  • 安定した通信速度
  • 家族割などのセット割
  • 楽天独自のお得なサービス

 

上記がないと、他社とは勝負できないでしょう。

スタート直後での安定した通信速度は期待していません。とりあえずキャリアとして確立してくれればいいかなという感じで思っていたほうがいいかもしれません。

 

スタート直後は不安定、しかしお得なサービスがあれば勝負できるか?

 

とりあえず、、、お得なサービスを出すしかないでしょう。

 

僕は楽天ひかりも契約しています。現状スマホとのセット割もないので、使っている意味が正直ないんですが、解約しないのは今後の楽天モバイルに期待しているからです。

 

スマホとのセット割があれば、固定費をさらに安くできるじゃないですかね。

 

今のところ「安定・品質」では他社と勝負できない状況になると予想されるので、圧倒的にお得な価格やサービスで勝負してもらいたいです。

 

まとめ:楽天モバイルMNOはまだ「様子見」が吉?

 

それでは、本記事のおさらいです。

 

楽天モバイルは自社回線を展開し、第4の携帯電話キャリアとして名乗りをあげました。しかし、2019年12月時点では、まだテスト段階です。

 

今後は格安SIMではなく、「楽天回線」が選べるようになります。

 

現在発表されている内容

  • 本格的なスタートは4月8日始動
  • 料金プラン2,980円
  • 300万人を対象に1年間無料
  • 現在のプラン→「正式プラン」に変更
  • 旧楽天モバイルの受付は4月7日で終了
  • DMMモバイルを買収

 

今度の展開次第では、乗り換えキャンペーンも期待できるので楽天モバイルを検討されている方は、まだ「様子見」でもいいかもしれませんね。

 

とりあえず料金を安くしたいのであれば、現在の楽天モバイルに乗り換えおいて、楽天MNOの通信が最悪な場合は他のキャリアに乗り換えでOKですね。

 

現在の楽天モバイル以上の速さと安定した通信、そして格安なサービスを期待します。

 

以上です。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

\今ならキャンペーンがお得/

楽天モバイル公式ページで確認する

エリア外でも5GB/月利用可能

 

人気記事【解決策あり】楽天モバイル「UN-LIMIT」のデメリットを解説

-楽天モバイル

© 2020 けーぶるLIFE