キャッシュレス決済

QRコード決済の使い方・支払い方法・チャージ方法を初心者向けに解説!

2020年3月16日

 

知りたい人
QRコード決済の使い方がよくわからない簡単に使えるものなの?難しいのは苦手。わかるように教えて。

 

こんな疑問に答えていきます。

 

まず結論ですが、せっかくスマホを持っているなら使いましょう。QRコード決済を使うだけでポイントが貯まり、現金よりもお得に買い物ができるようになります。

 

 

データ引用元:MMD研究所

QRコード決済の普及率はまだ少ないですが、経済産業省が行う国の政策で普及が進められているので、これからも様々なキャンペーンが出てくるでしょう。

 

本記事でわかること

  • QRコード決済の利用方法
  • QRコード決済のチャージ・決済方法
  • 初心者向けのよくある質問まとめ

 

本記事では、完全初心者向けに基本的なポイントだけを抑えてわかりやすく解説します。

これから普及していくQRコード決済に乗り遅れないよう使い方だけでもチェックしておきましょう。

 

【図解で解説】QRコード決済の使い方:お店での支払い方法

【図解で解説】QRコード決済の使い方:お店での支払い方法

 

まずは基本的な使い方を図解付きで解説します。

 

お店のQRコードを読み取る「店舗提示型」

  1. 専用のアプリを開く
  2. アプリ内のカメラを開く
  3. カメラでQRコードを読み取る
  4. 支払い金額を自分でスマホに入力
  5. アプリで「支払い」をタップして完了

 

ちょっとめんどくさいですが、店舗に置いてあるQRコードを読みとる店舗提示型」といわれる方法です。

 

デメリットはとにかく手間がかかること。実際に使ってみると、現金よりも面倒に感じてしまいます。正直ほとんど使ったことがありません。

 

自分のスマホ提示する「利用者提示型」

  1. アプリを開き「支払う」をタップ
  2. スマホに表示されたQRコードを読み取ってもらう

 

スマホに完了画面が表示されたらOKです。2ステップで支払いができるので、使うなら「利用者提示型」が楽です。

 

支払いの直前にアプリを開くだけで準備が完了するのが便利で、急いでいるときでも手間を取らせません。

 

普段使うようなコンビニやファミレスでもけっこう導入されているので、1回使ってみると使いやすさが実感できるはずです。

 

QRコード決済のチャージ・決済方法:銀行orクレジットカード

QRコード決済のチャージ・決済方法:銀行orクレジットカード

 

QRコード決済はスマホにチャージするか、銀行口座orクレジットカードと紐付けして利用します。

 

ここでは、PayPayを例に解説していきますね。

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)

 

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

コンビニで現金をチャージする方法

 

セブン銀行」で現金をチャージできます。

 

  1. スマートフォンでの取引を選択
  2. チャージを選択・QRコード読み取り
  3. アプリに表示された「企業番号」を入力
  4. 希望のチャージ金額を入金・チャージ

 

セブン銀行への登録は不要で、アプリさえインストールしてあればOKです。 銀行口座、クレジットカードがなくてもスマホさえあれば利用できます

 

銀行口座と連携させる

アプリTOPページから「その他」を選び、「銀行口座登録」に進んでいけば登録できます。

 

銀行口座をアプリに登録しておけば、ポチっと簡単にチャージできました。意外とサクッっとできます。

 

 

銀行やATMに行かなくてもチャージできるので、使い勝手がいいですね。

 

クレジットカードと連携させる

 

支払い方法をクレジットカードに設定しておけば、残高がなくても利用できます。 サービスによって利用額の上限が設定されているので、使う前に確認しておくといいかも。

 

例:PayPay 1日の利用限度額

本人認証(未)本人認証(済み)
5,000円(過去24時間)20,000円(過去24時間)
5,000円(過去30日間)50,000円(過去30日間)

※PayPayは、ヤフーカード以外のカードではチャージに対応していません。

 

1日に2万円以上使う場合は、アプリ内で本人確認をする必要があります

 

QRコード決済のよくある質問:初心者向けまとめ

QRコード決済のよくある質問:初心者向けまとめ

 

ここからはQRコード決済への疑問・よくある質問に答えていきます。

 

結局のところどのサービスを使えばいい?

 

自分のライフスタイルに合わせて選ぶのが一般的です。好きなアプリを1つ選んでおけばいいかなと思います。

 

普段使っているものを基準に選ぶ

  • よく利用する店舗で使えるものを選ぶ
  • 使っているクレジットカードに合わせる
  • 使っていてしんどくないものを使い続ける

 

今やっているキャンペーンは、期間限定のものが多いのでいつか終了します。自分の生活に合ったサービスを長く使っていくのが上手く使うコツです。

 

QRコード決済はスマホでしか使えないの?

 

QRコード決済は、スマホとタブレットでしか利用できません。ガラケーは無理です。

 

アプリをインストールするのが前提なので、スマホで使うのが一般的ですね。

 

ただ、「おサイフケータイ」の機能がなくても使えるので、機種が限定されることはありません

 

セキュリティ面はしっかりしているの?

 

どのサービスも対策済みです。もし不正利用があった場合でも保証されます。ただし、アプリによって保証額が違うので注意です。

 

基本的にやっておくべきこと

  • スマホ画面のロック
  • アプリ単体をロック

 

画面を表示できないければ利用できないので、他人が勝手に使えないようにしておきましょう

 

どこの店で使えるの?

 

利用できる店はサービスによって違いますが、大手チェーン店のほとんどで使えます

 

  • コンビニ
  • 家電量販店
  • ドラッグストア

 

普段の買い物や食事なら、使える場所に困ることはないくらい加盟店が増えてきています。

 

使っている人はたくさんいるの?

データ引用元:MMD研究所

 

政府の後押しで利用者は増えてきてはいますが、まだ現金が強い状態です。

そもそも日本はキャッシュレス決済自体の普及率が低く、世界的にはキャッシュレス後進国になります。

 

今後は増えていくとは思いますが、主流になるかはまだわかりませんね。

 

おすすめの使い方はある?

 

あんまり知られていないんですが、QRコード決済は公共料金の支払いができる請求書払い」に対応しているものがあります。

 

  • 住民税
  • 水道料金
  • 軽自動車
  • 固定資産税

 

などなど、地域によって変わりますが、わざわざコンビニに行って払っていた公共料金をスマホで支払うことができます

 

QRコード決済の中でも使えるサービスが限られていますが、PayPayLINEPayなどは「請求書払い」に対応しています。

 

まとめ:QRコード決済はスマホがあれば誰でも使える便利な支払い方法

 

それでは本記事のおさらいです。

 

QRコード決済の支払い方法は、「店舗提示型」と「利用者提示型」の2つです。利用するには、スマホかタブレットにアプリをインストールしなければいけません。

 

スマホにチャージor紐づけ

  • 現金
  • 銀行口座
  • クレジットカード

 

キャッシュレスとはいえ、クレジットカードを持っていなくても使いやすいようになっているのがQRコード決済の特徴です。

 

また、日本政府の後押しもあって、キャンペーンも豊富で利用者も増えてきています。 現状はまだまだ普及率は低いですが、今後は伸びていく可能性が高いサービスです。

 

ただ、限定のキャンペーンばかりなのでお得に使えるうちに使っておかなければ損してしまうというデメリットもあります。

 

今のうちに使い方に慣れておくと、お得なキャンペーンがあったときにも乗り遅れないでしょう。

 

以上です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

人気記事QRコード決済アプリはどれがおすすめ?初心者はこの3つから選ぼう!

-キャッシュレス決済
-

Copyright© けーぶるLIFE , 2020 All Rights Reserved.