MNP設定・準備

あなたは格安SIMに向いていない人?3つのチェックポイントで診断

あなたは格安SIMに向いていない人?3つのチェックポイントで診断

 

悩める人
格安SIMに向いている人はスマホに詳しい人だけなんでしょ?やっぱ大手キャリアが安心だ。

 

こんなあなたに向けた内容になっています。

 

本記事でわかること

  • 格安SIMに向いていない人の3つのチェックポイント
  • 格安SIMに乗り換えて失敗するパターン3選
  • よくある格安SIMへの誤解

 

上記を現役の格安SIMユーザーの僕が解説します。

 

ここでは、ごちゃごちゃと難しい話はありません。シンプルにチェック項目は3つ

 

それぞれ優先度と、チェックポイントに対する解決策を用意しました。無理と感じたらあなたは格安SIMにむいていない

 

あんまり悩んでいても仕方ないので、サクッと判断できる内容になっています。

それではいってみましょう。

 

格安SIMに向いていない人とは?これに当てはまったら要注意

格安SIMに向いていない人とは?これに当てはまったら要注意

 

実際に使っていて感じたことを、優先度の高い3つに絞りました。

 

逆にいえば、これさえクリア出来たら格安SIMは余裕、節約術として強い武器が手に入ります

 

MMD研究所調べのデータ

  • 大容量のデータがないと不安
  • スマホの設定がとにかく苦手
  • キャリアメールを手放せない

 

上記は、多くの人が大手キャリアから離れられない理由でもあります。

 

優先度:「大容量のデータがないと不安」

 

大手キャリアの代表的な大容量プランに勝てる「速度」と「データ容量」のプランが、格安SIMにはありません。

 

代表的な格安SIMのプラン

プランUQモバイルY!mobile
プランS(3GB)1,980円2,680円
プランM(9GB)2,980円3,680円
プランL・ R(14GB)3,980円4,680円

厳密にいうと、格安SIMにも大容量プランはある。だけど、実際に使ってみると速度が安定しないものがほとんどです。

 

ここに関しては、はっきり言って大手キャリアに勝てません。料金が安いだけの大容量を選ぶのは危険です。

 

解決策:Wi-Fi環境を整えよう

 

Wi-Fi環境を用意すれば解決します。個人的にはひかり回線がおすすめ。

 

  • ひかり回線:5,000円前後
  • 格安SIM:約2,000円(3GB)

 

我が家では上記の組み合わせで、使っています。家族でスマホ3台、維持費は月に1万ちょっとでOK

 

3GBじゃ不安って思う人、外出先でそんなにスマホ使いますかね。まずは使い方を見直してみてはどうでしょう。

 

優先度:「スマホの設定がとにかく苦手」

 

スマホがそもそも苦手。もし普通に使うのも大変なら、ちょっと厳しいかもしれません

 

初心者が戸惑うこと

  • SIMロック解除
  • APN設定(開通設定)
  • ネットでの申し込み

 

基本的には、初期設定などを自分でやらなきゃいけません。しかし、最近では格安SIMでも店舗が増えているので、難易度は下がってきています。

 

解決策:実践あるのみ

 

正直ここは「慣れ」で解決するしかありません。電話サポートもありますし、そこまで不安になることはないですよ。

 

それに、びっくりするくらい難しいことはないはずです。ぶっちゃけガラケーからスマホに乗り換える方が大変

 

こう言うと失礼ですが、ショップの店員さんのやっていることは思っているより簡単です。マニュアル見れば誰でもできますよ。

 

APN設定に関する記事

【APN設定】iPhoneとAndroidの設定方法を画像付きでわかりやすく解説
【APN設定】iPhoneとAndroidの設定方法を画像付きでわかりやすく解説

続きを見る

 

優先度:「キャリアメールを手放せない」

 

最近はあんまり聞かなくなりましたが、今のメールアドレスに依存しちゃってる人。 仕事の関係でどうしても変えられない理由がある人もいます。

 

だけどそれって、格安SIMどころか他の大手キャリアすら無理ですよね

 

ここに関しては、格安SIMに向いていないというか、他社に乗り換えできない人になります。

 

解決策:Gmailに切り替える

 

もし格安SIMに乗り換えるなら、Google製のフリーメールの「Gmail」にしましょう。

 

Gmailのメリット

  • 誰でも無料で使える
  • 複数のアドレスが使える
  • 1つのキャリアに依存しない

 

1回作ってしまえば、他社へ乗り換えやスマホの買い替えをしても簡単に移行できます。利用者も多いのが安心できるポイント。

 

Gmailはこちらで解説

格安SIMにおすすめのメールはGmail一択【初心者向でも簡単】
格安SIMにおすすめのメールはGmail一択【初心者でも簡単】

続きを見る

 

格安SIMに乗り換えて失敗するパターン3選

格安SIMに乗り換えて失敗するパターン3選

 

ここを理解すると、乗り換えの失敗がガクッと下がります

 

僕も今でこそ格安SIMを使っていますが、実は3年ほど前に、格安SIMから大手キャリアに戻った経験があるんです

 

自分の利用状況を把握していない

 

自分のスマホ料金をちゃんと確認しておかないと、自分に合った格安SIMを選べません

 

  • どれくらい電話する?
  • 普段はどのアプリをよく使う?
  • インターネットはどれだけ使う?

 

特に、どれだけインターネットやアプリを使うかが重要。ここをわかっていないと、格安SIMを選んでも失敗します。

 

データ通信料の目安

 

1GBあれば下記のことができます。

 

  • 音楽:約15時間
  • YouTube:約3時間(標準画質)
  • インターネット:約2,500ページ

 

YouTubeは画質、インターネットでは画像の多いサイトだともう少し減ります。 よく使うLINEは、メッセージを送る程度なら通信速度に制限がかかっても余裕です。

 

安くて性能の低いスマホを選ぶ

 

多くの人は格安SIMに乗り換えるときに、値段の安いスマホを買ってしまうと「格安SIMってやっぱりダメだな」ってなってしまうんです。

 

基本的にミドルスペック以上じゃないと快適に使えません

 

初心者向けスマホとかは要注意です。 家電量販店で売っている2万円台のスマホは辞めておきましょう

 

最新機種が欲しくなる

 

格安SIMでは最新のiPhoneや、ハイスペックのpixelシリーズは購入できません

 

SIMカードとは別に、SIMフリースマホを買えば問題ないのですが、大手キャリアの分割払いにつられてしまいますよね。

 

ここが大手キャリアの強み、誘惑ポイント。ちなみに僕は、最新機種を買ってから格安SIMに乗り換えたズルいタイプです。

 

よくある格安SIMへの誤解

よくある格安SIMへの誤解

 

格安SIMの認知度も少しずつ高くなり、乗り換えする人も増えてきましたが、まだ「粗悪」というイメージはとれていないようです

 

しかし使ってみると、イメージとは違う部分も多かったので紹介しますね。

 

低品質で遅い回線

 

これに関しては9割方合っています。格安SIMはマイナーなものを合わせると数百社もあるようですが、メジャーなのは20社くらい。

 

20社の中でも、大手キャリアと変わらない速度を出しているのは2社しかありません

 

正直UQワイモバイルかワイモバイル以外は、ほぼ似たり寄ったりのレベルです。

シンプルに通話、速度で選ぶなら90%はハズレになります。

 

サポートや対応が悪い

 

格安SIMでも店舗、電話やチャットサポートがある

 

ここの評価に関しては、店舗スタッフの質や電話窓口のオペレーターに左右されるもの。大手キャリアもそこまで変わりません。

 

もし大手キャリアの方が対応がいいと感じているのなら、高い料金を払っているのだからそんなもんじゃないでしょうか。

 

格安SIM=サポートが悪いは間違い。対応する人によって変わるものです。大手キャリアでも対応の悪い人はいます。

 

初心者はつかえない

 

格安SIMは上級者向けではありません。むしろ、プランがでわかりやすく初心者向け

 

大手キャリアの料金プランは、安く見せるようにごちゃごちゃしてるのに気づいていない人が多いです。

 

また、格安SIMの設定が難しそうと思っている人、やってみると意外と簡単ですよ。多くの人はやる前からあきらめます。

 

まとめ:格安SIMに向いていない人=知ろうとしない人

 

それでは本記事のおさらいです。

 

格安SIMに向いていない人のチェックポイント

  • 大容量のデータがないと不安
  • スマホの設定がとにかく苦手
  • キャリアメールを手放せない

 

ただ、上記は解決策もあります。多くの人は知ろうともしないし、やらない。

大手キャリアは確かに安心かもしれませんが、料金を安くしたい人には向かないです。

 

大手キャリアの料金は1人8,000円ここは残念ながら変わりません。 自社回線を維持するための基地局の管理、抱えている社員の人件費を考えると仕方ないですね。

 

そのかわり最新機種と大容量プランを提供するから使ってねって話

 

MMD研究所より引用

厳しい意見になりますが、格安SIMに向いていない=自分に合っているのがどれか考えない人が大半です。

 

もし、大手キャリアのサービスが必要ないなら格安SIMを選んだ方が、無理なく固定費を下げられます。

 

まずは自分のスマホの使い方を見直しましょう。

 

それでは以上です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

人気記事【最新版】格安SIMの乗り換えおすすめランキング!厳選3社を比較!

-MNP設定・準備

© 2020 けーぶるLIFE