MNP設定・準備

【悲報】格安SIMは安くない?誰もが勘違いする「安さ」の落とし穴

【悲報】格安SIMは安くない?誰もが勘違いする「安さ」の落とし穴

 

知りたい人
格安SIMに変えても安くならないっていう人もいるけど、そこんとこどうなの?

 

こんな疑問を解決します。

 

本記事でわかること

  • 格安SIMが安くないと言われる理由
  • 格安SIMを「安く」使うための上手な活用法
  • 格安SIMを選ぶときに見ておくべきポイント

 

上記の内容を、格安SIM3社を使っている僕が解説します。

 

まず結論ですが、格安SIMを上手く使えていない人が多すぎです。そんな選び方じゃ安くならない。

 

安くならない人は、とにかく選び方が下手。あとは、そもそも勘違いしているかもです。

 

格安SIM=誰でも安くなるではありません。使う前にしっかり理解しておきましょう。

 

格安SIMが安くないと言われる3つの理由

格安SIMが安くないと言われる3つの理由

 

格安SIMは安いというよりも「粗悪」。こんなイメージを持っている人が多いのが現状です。

 

MMD研究所より引用

 

たしかに何も知らずに格安SIMを使うと、失敗する可能性が高いです。

 

通信速度が遅くて使いものにならない

 

よくあるのが、「通信速度が遅くてお金を払う価値がない」という意見。

 

  • 安いだけ
  • 使いにくい
  • サポートが悪い

 

上記のように、大手キャリアと比べると悪い。格安SIMを使うのが始めての初心者によく見られます。

 

格安SIMに同じものを求めてはいけません。大手キャリアにはそれだけの料金を払っているのですから。

 

大手キャリアと比べてもそこまで安くない

 

格安SIMなのに高くなるのはズバリ、余計なものに入ってるからです

 

  • 無駄なオプションに入る
  • 10GB以上のプランを選択
  • 高価なスマホを使っている

 

ほとんどの人が上記のような感じじゃないでしょうか。安くならないのは当たり前。 それなら大手キャリアを使っている方がいいと思います。

 

スマホを壊した瞬間に「安さ」が崩壊する

 

格安SIMの「安心保証パック」は割高。保証内容もペラペラのものです。

 

  • 交換できる機種が限定
  • そこまで安くならない
  • つまり最新機種は無理

 

もし、最新のiPhoneで格安SIMに乗り換えても、保証の対象外。壊れたその時点で赤字が確定します。

 

【結論】格安SIMは固定費を安くするために使うもの

【結論】格安SIMは固定費を安くするために使うもの

 

格安SIMにするのは、固定費下げるため。大手キャリアと同じような使い方をしたいのであれば無理です。

 

ここが「罠」と感じるかは、あなた次第です。

 

シンプルに安い

 

格安SIMのプランは、とにかく基本料金がシンプルで安いのが特徴。

 

格安SIM:基本料金のみ

大手キャリア:基本料金+データ通信

 

どちらもオプションはありますが、最低限は上記のような感じですね。 格安SIMはとにかく固定費を安くしたい人向け

 

そもそもターゲットが違います。

 

お金の使い道が広がる

 

ここでは「固定費」を強調していますが、月に5,000円下げられる。これかなり重要じゃないですかね。

 

節約を成功させるには、まず毎月かかる出費を抑えることが1番のポイントです。

 

なかには、大手キャリアじゃないとダメな人もいるかもしれません。まぁ重要なのは、月5,000円をどう考えるかです。

 

僕はこの浮いたお金でMac book Airを購入しました(節約はできていない)

 

大手キャリアの「無駄」に気付く

 

格安SIMを使っていると、大手キャリアに払っているお金が無駄に感じます。

 

  • 高い月額料金
  • 手厚いサポート
  • どこにでもあるショップ

 

大手キャリアの文句を言うつもりはありませんが、上記は不要です。

 

もちろん大手キャリアの方が向いている人もいます。ただ大半の人は何も考えず、無駄にお金を払っています

 

格安SIMをしっかり「安く」使うための上手な活用法

格安SIMをしっかり「安く」使うための上手な活用法

 

ここからは、実際にやっている格安SIMの運用方法を紹介します。

 

現在支払っているのは、家族分もいれて約6,500円。機種代金とひかり回線を入れても1,5万円ほどになっています。

 

月の支払いの内訳

  • 機種代金:約3,300円
  • 楽天ひかり:5,280円
  • UQモバイル:2,178円×2回線
  • ワイモバイル:2,178円×1回線
  • 楽天モバイル:1年間無料×1回線

 

今後は状況に応じて変更はあるかもですが、2020年はこんな感じになりそうです。

 

3000円以下をプランを選ぶべし

 

格安SIMのプランは3GBあれば十分使える。無駄なものは排除しましょう。

 

  • オプションなし
  • 大容量プランなし
  • 暇つぶしの動画なし

 

これは環境や年齢的なものが関係してくるかもしれませんが、外出先でスマホをいじいじすることがない。

 

これでも通勤中にYouTubeで音楽聞いたり、何かしらはしています。

 

たしかに使い過ぎないようにしようとは考えますが、我慢にもストレスにもならない

 

ひかり回線orモバイルWi-Fiを使うべし

 

家族ならひかり回線を使う方が固定費も安い。使い放題の定額は神です。

 

  • 自宅では使い放題
  • 動画やゲームもOK
  • パソコンの使用が多い

 

もし6ヵ月以上住むのであれば、ひかり回線を使わないともったいないです。

 

工事費とか違約金とか気になりますが、ほとんどのひかり回線はキャンペーンで無料だったりしますよ

 

アパートなら月額4,000円ほどですし、引っ越しのときに乗り換えをすれば、キャッシュバックでチャラになります。

 

スマホは壊したらダメ!大事に使うべし

 

格安SIMの保険は無駄、、、というか壊さないようにしましょう

 

そのためのスマホケースやフィルムなんですから。多分8年くらい壊してないし、壊れてない。

 

これでもバリバリ現場仕事で、足場のうえで作業しまくってましたよ。

 

格安SIMの保険は弱いですし、そもそも保険に入っていても大事にしなきゃいけません。 高級品ですから。

 

格安SIMを選ぶときに見ておくべきポイント

格安SIMを選ぶときに見ておくべきポイント

 

ここもやってしまいがちな部分ですが、安さを求めて「粗悪」を選んでしまう

 

しっかり選べば失敗しません。

 

サービスが停止しない格安SIMを選ぶ

 

とにかくマイナーな格安SIMを選ばないことで回避しましょう。

 

人気=需要があるものなので、いきなりサービスが停止することはないはずです。

 

逆に、大手に吸収されてから勢いが出る格安SIMもあります。

例えば、ビッグローブモバイルなんかは、KDDI(auの親会社)の子会社になりましたね。

 

まぁ違約金が1,000円以下になったので、長く使うではなくウロチョロするのもアリ。

 

通信速度が安定している格安SIMを選ぶ

 

いくら安くても使いものにならないものはNG。ひかり回線があったとしても不便なことが多いです。

 

口コミをみるのも大事ですが、使ってみないとわからないのが難点。

 

ここに関しても、人気の格安SIMは安定している傾向にあります。マイナーなものは、どうしても不安定ですね。

 

今も安定して使えている格安SIMに関しては、「格安SIMの乗り換えおすすめランキング」にて紹介しています。

 

オプションでかけ放題がある格安SIMを選ぶ

 

通話に関しては人それぞれですが、まったく電話を使わないことはありませんよね。

 

個人的にはオプションで選べる方がいいかなと思います。かけ放題が不要な人もいますし。

 

もし月に500円以下で収まるなら、かけ放題はいらない

ワイモバイルは、プランに10分かけ放題が付いているので「通話しない人」は注意です。

 

まとめ:格安SIMは上手く使わないと安くならない

 

それでは本記事のおさらいです。

 

格安SIMは固定費を簡単に下げられるのが最大のメリットになります。しかし、とりあえず乗り換えただけの人は、わりと失敗しがち。

 

  • 容量の多いプランにする
  • オプションに入りまくる
  • 自分の使い方に合わない

 

こんな状況でさらにスマホが壊れたり、最新機種が欲しくなって大手キャリアに戻ります

 

興味がないなら大手キャリアを使えばいいですし、最新機種を買いまくればいい。

 

ポイントは「節約」したいかどうかです。

 

ただ、生活環境で下げやすいのが「通信費」です。ここで贅沢する必要はないかなと思います。 というか格安SIMでも十分快適ですけど。

 

  • 固定費を下げたい
  • 他にお金を回したい
  • 見直したことがない

 

上記に当てはまる場合は、格安SIMを選ぶべきです。

 

とにかく何にもわからないっ、ていう初心者はまず「格安SIMの準備・設定」をご覧ください。

 

それでは以上です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

人気記事【最新版】格安SIMの乗り換えおすすめランキング!厳選3社を比較!

人気記事【初心者向け】格安SIMにおすすめのひかり回線3選!キャッシュバック有り

-MNP設定・準備

© 2020 けーぶるLIFE