iPhone

楽天アンリミット用に設定したiPhone7を戻す方法・不具合を紹介

楽天アンリミット用に設定したiPhone7を戻す方法・不具合を紹介

 

ここではiPhone7の設定を戻す手順を画像付きでわかりやすく解説していきます。

 

この記事で解説する内容は、すべて楽天アンリミットのパートナー回線が対象です。なので、楽天回線エリアの人のお役にはたてません。

 

ただ、戻さなくても問題なく使えるので、よほどの不具合がない限りはそのままでOKです。

 

そのまま別のSIMを挿しても使えました。

 

  • なんとなく気になる
  • 他社に乗り換えする
  • iPhoneが正式に対応した

 

上記のような感じで、どうしても設定前の状態に戻しておきたいって人はこの記事で解決できます。

 

けーぶる
ここで紹介するのは僕がすべて試した方法ですが、データが消える可能性もあるので注意してください。

 

楽天アンリミット用に設定したiPhoneを完璧に戻す方法はリセットのみ

楽天アンリミット用に設定したiPhoneを完璧に戻す方法はリセットのみ

 

結局のところ、完全にもとに戻すにはiPhoneをリセットしないとダメでした。

 

けーぶる
ここではバックアップ〜データを復元するまでの手順を解説します。

 

注意ポイント

  • データをiCloudの空き容量を確認
  • スマホで行う場合はWi-Fi環境が必要
  • 直前に保存したデータは消える可能性あり

※PCでの手順はコチラをご覧ください

 

また、こちらのiCloudでバックアップの対象になるものも確認しておいてください。

 

実際にリセットしてみましたが98%は問題なくバックアップできました。

 

残りの2%はリセットする直前(数分前)に撮った写真がいくつか復元できなったこと。

 

おそらくiCloudに保存されるには少しタイムラグがあったのかなと、、、なので、リセット直前に保存したデータは注意

 

データをiCloudにバックアップ

 

iCloudにバックアップする手順は簡単です。iPhoneがWi-Fiに繋がっている状態で進めればOK。

 

まずは「設定」を開くと1番上にある「Apple ID」を選択してください。

 

設定 Apple ID

 

次に「iCloud」をタップして進みます。

 

設定 iCloud

 

ここから下にスクロールしていくと「iCloudバックアップ」というのがあるので、そこをタップ。

 

iCloud バックアップ ON

 

もし普段からWi-Fiに接続していて、ここが「オン」になっているのなら自動でバックアップされているはずです

 

※バックアップする項目が「オン」になっているか必ず確認してください。

 

バックアップ オン

 

上記の状態は「メール」がバックアップされていない状態です。

 

けーぶる
Gmailを使ってるのなら、このメールはOFFでも問題ありません。

 

Wi-Fiに繋がっていない状態

バックアップ Wi-Fi OFF

 

Wi-Fi接続済の状態

今すぐバックアップ

 

もしバックアップ済だとしても、念のため最新のバックアップを保存しておきましょう。

 

バックアップ完了

 

これでバックアップは完了しました、次はリセットに進みます。

 

iPhoneをリセット・初期化する

 

それでは無事にバックアップもできたので、iPhoneをリセットします

 

設定から「一般」をタップ。

 

 

一般のページを下へスクロールしていくと1番下に「リセット」という項目があります。

 

リセットを選択

 

1番上の「すべてのコンテンツと設定を消去」を選んでください。

 

すべてのコンテンツと設定をリセット

 

バックアップの確認が出てきます。OKなら「今すぐ消去」を選んでください。

 

ここからまだ確認が続くので、ここですぐ消去されるわけではありません。

 

今すぐ消去

 

次に出てくる「iPhoneを消去」をタップしてもまだ消去されません。

 

iPhoneを消去

 

次がいよいよ最終確認です。

 

iPhoneを消去 最終確認

 

ここでiPhoneを消去を選ぶとリセットが始まります

 

けーぶる
これだけしつこく聞かれると不安になりますが、バックアップをしっかりとっておけば問題ありません。

 

iPhoneのデータを復元する

  1. iCloudバックアップから復元
  2. Apple IDとパスワードを入力
  3. 同意する→バックアップを選択

※すみません、写真を取り忘れたので、アップル公式ページを参考にしてください。

 

iPhoneを買ってから1番最初にする、初期設定と同じですね。

指示に従っていけば「iCloudバックアップから復元」という項目が出てきます。

 

復元中

バックアップ中

 

こんな感じで順番にアプリが復元されていきます。

 

バックアップ2

 

データ量にもよりますが、僕の場合は30分くらいで終わりました。

 

  • 写真や画像が500枚ほど
  • インストールしたアプリは10個
  • SMSのメッセージは50件くらい

 

復元が完了するまで時間こそかかるものの、特に難しい設定はありません。

 

iPhone7をリセットしたあとの状態

 

CARRIER

 

楽天アンリミットのSIMカードが入っていても「CARRIER」と表示されるようになります。

 

ネットワーク Rakuten

 

これでRakutenの表示はあるけど、どうやっても電波がつながらない状態に戻りました。これでキレイに元通り!

 

iPhone7に復元用のIPCCファイルを適用させる方法

iPhone7に復元用のIPCCファイルを適用させる方法

 

結論から言うと、この方法では「UQ MOBILE」という表示が消えませんでした。

 

 

ただ他のSIMカードを差したときは、対応のキャリアがしっかり表示されるし、動作も問題なし。

 

けーぶる
復元用のファイルを適用させても意味がないんですが、一応手順は解説しておきます。

 

ちなみに「【初心者OK】楽天アンリミットをiPhone7で使う設定を画像付きで完全ガイド」で解説している手順と一緒。

 

どのiPhoneでも同じ手順です。ファイルの中身がiPhone7ってだけ。

 

iPhoneを探すをOFFにする

iPhoneを探すをOFF

 

まずは上記のようにiPhoneを探すをオフにしてください

 

ターミナルにコマンドを入力する

コマンドを入力

 

次はMacでターミナルを開いて、下記のコマンドを入力。

 

macOS Catalina 10.15以降

defaults write com.apple.AMPDevicesAgent carrier-testing -bool YES

macOS Mojave 10.14以前

defaults write com.apple.iTunes carrier-testing -bool YES

 

使っているMac OSのバージョンに注意してください。

 

ファインダーを開いて復元用のIPCCファイルを適用

復元用のファイル

 

ファイルを選択して「開く」をクリックすれば完了です。

 

けーぶる
こんな感じです。楽天の電波を受信できなくなれば成功。あんまり意味ないですが、、、

 

IPCCファイルがそのままのiPhoneだと不具合があるのか試してみた

IPCCファイルがそのままのiPhoneだと不具合があるのか試してみた

 

設定をそのままに他のSIMカードを挿してみました。

ここで試したのは、ビッグローブモバイルのドコモ回線SIM

 

ドコモ回線SIM

 

ちゃんと「ドコモ」と認識されていますね。

Rakutenの表記も「440 53(パートナー回線)」に変わりました。

 

ネットワーク選択

 

SIMカードを挿すと、UQ MOBILEの表記も消える。特に不具合は見当たらなそうです。

 

電話も問題なくできる

通話テスト

 

電話もOK。通話アプリも問題なく使えました。

 

SMSの送信・受信OK

SMSテスト

 

SMSもだいじょうぶですね。遅れて届くようなこともありませんでした。

 

ネットワークもちゃんと繋がる

スピードテスト 

 

インターネットもちゃんと繋がります。こうやって見るとビッグローブモバイルも速度が出ていますね。

 

まとめ:特に不具合がないのならiPhoneの設定はそのままでOK!

 

今回試してみたところ、IPCCファイルを設定していても、ちゃんと他のSIMカードを認識することがわかりました

 

特に不具合もないので、そのまま使うのがいいのかなと思います。

 

  • 問題なく使える
  • 設定は効果なし
  • 戻すならリセット

 

今のところ特に設定を変えなくても問題ありません。

 

もし住んでいる地域が楽天回線に対応したらまた変わるかもしれませんね。

 

そのときはまた検証してみます。

 

人気記事【解決策あり】楽天モバイル「UN-LIMIT」のデメリットを解説

-iPhone

© 2020 けーぶるLIFE